自動車を保有した場合には、多くの人が自動車の任意保険に加入していますが、最近では補償内容が多様化し、多くの保険会社で様々なサービスを取り揃えています。
任意保険では等級別に保険料が変わる仕組みになっていますが、その他にも補償内容によって保険料は大きく変わります。
例えば、年間の走行距離に応じて保険料が変わる仕組みになっていたり、免許の種類や年齢制限などを付けることによっても保険料を安くすることができます。
自動車を保有すると、保険料の他に税金やガソリン代、車検代など何かと維持費がかかってくるものなので、自分の自動車の利用の仕方によって保険内容を見直すことで、維持費を安く抑えることができるかもしれません。

自動車保険は、万が一交通事故を起こしてしまった場合に補償をしてくれるものです。
自動車を運転していると、自分が加害者になってしまうこともあり得ますし、被害者になってしまうこともあります。
そのような事故が起きた場合、現在では当事者同士での話し合いはせず、保険会社の担当者同士で交渉を進めるのが一般的となっています。
警察にはもちろん事故の届け出は必要ですが、過失割合や慰謝料などの額を決めたりするのは保険会社に連絡するだけで全て行ってくれます。
車体に傷が付いたり修理が必要な場合は、とりあえず先に修理工場に依頼して直してもらいますが、修理代が補償内容に含まれている場合は、自己負担の必要はなく修理をしてもらえます。

また、保険会社によって示談交渉が行われて、交渉内容に納得がいかなかった場合は、訴訟などの法的な手続きを取ることもできます。
その場合は個人で裁判所に手続きを行うこともできますが、法律事務所などに相談する方が専門的なアドバイスをもらえますし、弁護士などに依頼することで、交渉や法的手続きの代理として動いてくれます。
慰謝料請求などの場合は、専門的知識がないと提示された金額が妥当かどうかを判断するのは難しいですが、法律に詳しい専門家に依頼することで、真に妥当な金額を請求することができますし、交渉もスムーズに進む場合が多くなっています。
また、交渉が決裂し訴訟を起こす場合でも、裁判所への手続き等も全て弁護士が代行してくれます。

オススメリンク

相談するメリット

自動車を運転している際にはもちろんのこと、自転車に乗っている際や徒歩で歩いている際などには、自分で事故を起こさないようにどれだけ注意していても、後続車に追突されるといった事故にあってしまったり、交差点などで標識を無視して飛び出してきた自動車…Read more

交通事故後の対処法

交通事故に遭ってしまった場合は、警察に届け出ることが必要です。また、保険に加入している場合は、保険会社にすぐに連絡をすることで相手方との交渉を行ってくれる場合もあります。交通事故の場合は、当事者同士で示談交渉をするとあとから揉める可能性もあ…Read more

増加する自転車事故

近年では、自転車による交通事故が増加傾向にあります。特に自転車と歩行者との事故が増えており、自転車に乗っていた人が相手にケガを負わせてしまったり、死亡させてしまったりするケースでは被害者側から多額の慰謝料を請求する事例も多くなっています。車…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031